FPSにはハイスペックゲーミングPCがおすすめ

FPSプレイヤーならスペックにこだわるのは当たり前

私は今でこそ暇つぶしにCoDシリーズやBFシリーズを軽くプレイするくらいですが、以前はFPSガチ勢でした。国内大会で優勝したこともありますし、国際大会に出場したこともあります。

 

クランリーダーとしてメンバーによく言っていたのが「上手くなりたいならハイスペックPCを使え。そこがやっとスタートラインだ」ということです。低スペックなパソコンを使っているプレイヤーは土台にすら立っていません。

 

低スペックはハイスペックに勝てない

なぜFPSでハイスペックなゲーミングPCが必要なのでしょうか。その理由はパソコンの動作がプレイに直結するからです。最高フレームレートを保っている画面と30FPSしか出ていないカクカクの画面を見比べてください。敵の動きが全然違います。

 

FPSでは読みによる置きaimも大切ですが、敵の動きをしっかり見て狙いを定めるトレース技術も重要です。ハイスペックPCのほうが敵の動きが滑らかに見えるので、しっかり目で追えます。低スペックではすべてが読みになってしまいます。だから低スペックPCのプレイヤーがハイスペックPCのプレイヤーに勝てるはずがないのです。

 

デスクトップ以外の選択肢なんてない

FPSゲーマーは全員デスクトップを使うべきです。ノートパソコンなんてありえません。別にスペックに違いがあるわけではありません。問題はゲーミングデバイスです。デスクトップならディスプレイ、マウス、キーボードを自由に選べます。ノートはマウスしか選べません。

 

また、数年先のことを考えるとカスタマイズ性も重要です。デスクトップなら自由にパーツを交換できます。ノートはそう簡単にはいきません。パーツを探すのも、裏側を開けるのも一苦労です。

 

ゲーム推奨PCを探すべし

まずはあなたが現在プレイしているFPSゲームの推奨PCを探してみてください。ドスパラのゲーム推奨PCは100種類近くあるので、きっと見つかるはずです。ドスパラはそのゲームが動くことを保証してくれるので安心です。

 

もしも見つからなかった場合は15〜20万円くらいのゲーミングPCがおすすめです。ミドルからハイスペックくらいの価格帯ですから、現在人気のFPSゲームならどれも最高フレームレートを出せるはずです。Core i7 4770、メモリ16GB、GeForce GTX680くらいの構成が目安です。

 

ドスパラのゲームパソコン一覧はこちら